小さく 初期サイズ 大きく

2016年4月7日


この本いいよ「犯意」

犯罪(乃南アサ)「犯意」(乃南アサ、新潮文庫)  弁護士 岩嶋 修治

 この本は、主人公(犯人)が、ふとしたきっかけで犯罪者になっていく、12の物語からなっています。鮮やかなトリックはありませんが、犯人の心の動きが、きめ細かく描かれています。 (続きを読む…)

2012年4月26日


この本いいよ 「晩夏に捧ぐ」

晩夏に捧ぐ(大崎梢)「晩夏に捧ぐ」(大崎梢、創元推理文庫)                        弁護士 岩嶋 修治

 駅ビル書店の店員杏子さんのもとに、長野の老舗書店店員の美保さんから届いた手紙には、店に幽霊が出て、店は存亡の危機にあると書かれていた。 (続きを読む…)