小さく 初期サイズ 大きく

 

当事務所の弁護士費用について説明します
なお、以下はあくまでも目安であり、事件の具体的な内容により、増減することがありますので、詳しくは、弁護士に気軽にご相談下さい。

 

弁護士費用の種類

弁護士費用には、主に、次のようなものがあります。

着手金:事件の依頼を受けるときに頂く費用です。

報 酬:事件が解決したときに、成功の程度に応じていただく費用です。

手数料:書面の作成など、原則として1回程度で終了する、成功不成功のない事

           件でいただく費用です。

※その他、裁判所におさめる手数料(印紙代)や交通費等の実費が必要になります。事件処理のため、遠方に赴く必要がある場合は、日当をいただく場合もあります。

 

具体的に事件を依頼される場合の費用

一般民事事件

弁護士費用は、依頼者の方の経済的利益に応じて決まります。

 経済的利益          着手金          報酬 

300万円以下の場合         8%(最低10万円)  16%

300万~3000万円の場合           5%            10%

3000万~3億円の場合       3%            6%

3億円を越える場合                   2%            4%

※事案によって、増減させていただくことがあります。

 

一般民事事件以外の、よくある事件についての着手金・報酬の標準額

任意整理、自己破産申立、個人再生手続、離婚、刑事事件 について以下のとおりです。

任意整理

着手金 1社あたり2~3万円

報酬金 業者の請求額を減額したものの10%+取り戻した過払金の20%

 

自己破産申立

着手金 30万円~

報酬金 原則いただいておりません。

 

個人再生手続

着手金 30万円~

報酬金 原則いただいておりません

 

離婚

(交渉又は調停)

着手金 20万~50万円

報酬金 20万~50万円

(訴訟)

着手金 30万~60万円

報酬金 30万~60万円

※離婚請求とともに、親権の争い、養育費・財産分与・慰謝料の請求を伴うときは、別途いただくことになります。

 

刑事事件

(事案簡明な事件)

着手金 20~50万円

報酬金 20万~50万円

(事案複雑な事件)

着手金 50万円~

報酬金 50万円~

 ※事案複雑な事件については、内容に応じてご相談させていただきます。

 

法テラス(日本司法支援センター)について
 現在無職の方、生活保護や年金を受給されている方、収入が少なく弁護士費用を準備できない方のために、弁護士費用立て替えを行う公的な制度があります。→ 法テラス大阪

当事務所でも申し込むことができますので、詳細についてはお気軽にご相談ください。